遺産と相続プランニング

  • Home
  • Legacy Planning jp
実際のケース 1
実際のケース 2

遺産と相続プランニング‒ 実際のケース 1

保険契約者/被保険者 :ミスターX
年 :80歳
国籍 : 日本語
背景 

1. 息子(50歳)への財産譲渡(400万ドル)
死後。

2.ミスターX 彼の息子と孫のことが心配だった。
(a) 財務管理が苦手です
(b) 遺産を受け取った後、むやみに浪費する。

3. 彼の孫が巨額の死亡保険金を管理できるほど成熟していないのではないかと心配額。

4. 極めて高額な相続税を回避する。
国税として納めます(遺産から3,000万円+相続人1人あたり600万円の控除を差し引いた10%〜55%)。

 

日本の相続税率:

解決: 一時払いの生命保険の手配を提案します。
チャレンジ:高齢と健康状態のため保険料が高い。
結果: 
死亡保険金は定期的に分割して支払われます。
長期的な保護を確保しながら、受益者の無謀な支出を防ぎます。
孫の指定年齢までに月々分割で支払い、孫の指定年齢に残額を一括でお支払いいただきます。
受益者が段階的に給付金を受け取ることができるようにして、子どもの経済的な取り決めを促進します。
目標 : 分割払いによる次世代への富の移転死亡給付金の柔軟な決済オプション

遺産と相続プランニング‒ 実際のケース 2

背景 : ⽶国にいる彼⼥の 2 人の姪にお金を返す計画を⽴てています。
チャレンジ:⽶国の高額相続税と資金源問題。

結果: Yさんは一時払保険料200万ドルの貯蓄保険に加⼊し、合格しました保険が発行されてから11か月後。
死亡保険金は、彼⼥の2人の姪である指定受益者にスムーズに送金された。

目標: 富の移転と税金の免除。

about us
Serving Since 1994

We Always Ready For Any
Challenging Projects

We want to make everything as perfect as possible and while ultimately at the end of the day you measure the success of a business by the profitability, that also helps with our relationships with customers as well.